本文へスキップ

茨木市竹橋町の内科クリニック。胃カメラ・大腸内視鏡・腹部エコー・各種ワクチン・特定検診・一般検診が可能です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.072-628-5533

〒567-0815 大阪府茨木市竹橋町4-10

胃炎HEADLINE

ペプシノゲン検査


 ペプシノゲン(pepsinogen,PGと略す)は胃液中に分泌される蛋白分解酵素ペプシンの前駆体で、ペプシノゲンI(PGI)とペプシノゲンII(PGII)に分けられます。PGIは主として胃底腺の主細胞より分泌され,PGIIは胃底腺の他に噴門腺,幽門腺,十二指腸腺にも存在します。ペプシノゲンの約1%の量が血液中に流出し測定ができます。

※茨木市健診の検査項目です。詳しくは検診・自費診療のページをご参考ください。




PG I:胃底腺領域

PG II:幽門腺領域・十二指腸

萎縮性胃炎は胃底腺領域が減少し、幽門腺領域が広がっていきます。そのためにPG Iは低下しPG IIは増加します。そのためにPGI/PGII比は総体的に低下します。









検査結果




陰性…T値70以上かつT/U比が3以上。 症状あれば内視鏡を受けてください
陽性…T値70未満かつT/U比が3未満。 内視鏡を受けましょう
中等度陽性…T値50未満かつT/U比が3未満。
強陽性…T値30未満かつT/U比が2未満。


内視鏡へ






検査結果で疑われる病気
   胃潰瘍  十二指腸潰瘍 胃炎  萎縮 胃癌 
 PG I    ↑↑  
 PG II  ↑↑     ↑〜↓  
 PG I/PG II      
(相対的)
↓↓  ↓↓
※かならずとは限りません。

※潰瘍等で治療中・胃切除後・腎不全・ピロリ菌除菌後の方は対象外になります。



さらに近年の研究にてヘリコバクターピロリ菌とペプシノゲン検査を用いた発癌の比率を出した研究(ABC検診)もあります。

   A
HP   (ー)  (+)   (+)  (ー)
PG  (ー)  (ー)   (+)  高度萎縮(※)
発癌  1 約10倍  約20倍  約120倍 
※高度萎縮:PGI 70ng/ml以上でPGI/PGII比が3以下

もし健診結果でご自身がB・C・D郡に当てはまる方は内視鏡検査をおすすめします。

内視鏡へ 当院での検査をご希望のかたは右をクリックしてください。→

http://www.naika-inoue.com いのうえ内科 072-628-5533 大阪府茨木市竹橋町4-10QRコード

いのうえ内科


Facebookページも宣伝


職員さん募集

いのうえ内科ビルダークリニック

〒567-0815
大阪府茨木市竹橋町4-10
TEL 072-628-5533

当院に対するご意見・ご要望等
ございましたお気軽にメールして
ください。
mail